ニコスピア38でシーフード三昧

ニコスピア38

このブログのハワイグルメでは、肉料理を紹介することが多いのですが、ハワイも海に囲まれた島なので、新鮮なシーフードを食べることができるレストランが多いんです。

特に今回紹介する「ニコスピア38」では、朝食からディナーまでリーズナブルに美味しいシーフードを頂くことができます。少し足をのばしてハワイの旬な魚介類を堪能してみてはいかがでしょうか。

ニコスはハワイの築地!?

ニコスピア38

ニコスピア38から見える景色。晴れてるときはとてもキレイです。

勝手に私が言っているだけなのですが、ニコスはハワイの築地のようなところなんですよ。名前の通りピア38=第38埠頭にあり、同じ広大な敷地内には「ホノルル・フィッシュ・オークション」という毎朝競りが行われる魚市場があるんです。そこで毎朝仕入れた魚介類を食べることができるので、ニコスのシーフードは新鮮なんですね。

メニュー

ニコスピア38

2012年に移転した店内はとてもキレイ

シーフードをメインにした料理が豊富に揃います。人気メニューは、その日一番オススメの魚を使った「キャッチ・オブ・ザ・デイ」と「フリカケアヒ」です。

「キャッチ・オブ・ザ・デイ」は何度か食べたことがありますが、毎回大体同じメカジキをグリルしてクリームソースがかかっているメニュー(美味しいですけどね)ということに気付き、今回は定番の「フリカケアヒ」と初挑戦の「フィッシュバーガー」、「シーフードパスタ」という少し変化球的なメーニューをオーダーしました。

ニコスピア38のメニュー

一番人気のフリカケアヒは一度は食べてもらいたいメニュー

ニコスピア38のメニュー

フィッシュバーガーはあっさりしているが、とてもジューシー

ニコスピア38のメニュー

魚介の出汁が効いたトマトソースのパスタ

ちなみに、コチラのもう一つの名物メニューの「ポキ丼」や「ポキ」はニコスピア38に併設されているフィッシュマーケットで注文することができます。

フィッシュマーケット

その日水揚げされた魚が並ぶフィッシュマーケット

フィッシュマーケット

色々な種類のポキの他にもお寿司やお惣菜も揃う

行き方

ニコスピア38はワイキキ方面からだとアロハタワーやダウンタウンよりもう少し空港方面にあります。ザ・バスで行く場合は、ワイキキのクヒオ通りから19番か20番バスに乗り約30分で到着します。下車するバス停はリンクhttp://goo.gl/maps/QZeYを開きバスのマークをクリックして確認することができます。

 

DATA

Nico’s Pier 38
1129 N. Nimitz Highway
営業時間
月〜土:6:30〜21:00
日曜日:10:00〜21:00

まとめ

ニコスピア38は朝早くからオープンしていて、丁度ワイキキとホノルル空港の中間くらいにあるので、レンタカーの場合は到着した日か帰国する日に立ち寄るのも良いですね。広い敷地内にはたくさんフリーパーキングスペースがあるのでご心配なく。ハワイで美味しい新鮮なシーフードなら、まずはニコスをチェックしてみてくださいね。