ハワイ州オアフ島でもビニール袋全面禁止に

ビニール袋

 2015年7月1日よりオアフ島でもスーパーマーケットやレストランでビニール袋(レジ袋)の配布が禁止されました。店側が配布した場合、1日100ドルの罰金が課せられ違反を繰り返し行うと最大1000ドルまでの罰金が課せられるそうです。

アメリカ初の州単位での規制

 ビニール袋禁止条例はマウイ島では2008年に始まり、翌年にカウアイ島、2013年にはハワイ島そして2015年にオアフ島で条例が施行されたことによりアメリカで初めての州単位での規制になります。

なぜ全面禁止に?

 ハワイは太平洋に囲まれた島のためゴミ処理の問題を抱えています。処理の際カリフォルニアまで運搬しなければならないので極力ゴミを減らさなければなりません。そしてもう一つの重要な理由は自然環境への配慮です。ビニール袋は自然分解されないので、ゴミとして海に流れた場合ハワイのキレイな海を汚してしまうことになります。そしてウミガメや魚、鳥がエサと間違え誤飲し死亡するケースが増えています。そのような理由からビニール袋全面禁止条例が施行されました。

まとめ

 気がつけば至る所でビニール袋が使われていますよね。最初は不便に感じることがあるかもしれませんが、私たち旅行者もハワイのキレイなビーチや自然環境を汚さないためにエコバックを持参しましょう。またハワイには

ハワイのTARGET/ターゲットでお土産を爆買い!

2015.07.08

ハワイのお土産に悩んだらヘルシー&オーガニックスーパーマーケットに行ってみよう

2015.05.31
で紹介したWHOLE FOODSやDOWN TO EARTH、TARGETなどでそれぞれオリジナルのエコバックがあるのでお気に入りを探すもよし!小さなことかもしれないですが、楽しみながら自然環境保護に貢献できるのでステキですよね!