ハワイのレストラン予約は「Open Table」を使えば簡単!

Open Table

よく日本語でハワイのレストラン予約ができないのかと質問されることがあります。利用している旅行会社の現地デスクやJCBカード利用者であれば「ワイキキ・ショッピング・プラザ」2階のJCBプラザラウンジなどで日本語で予約をお願いできるのですが、わざわざその為に出向くのも面倒くさいですよね。

そこで是非利用して欲しいのが「Open Table」というWEBサービス。本当コレでいいのっていうくらい簡単にハワイのレストランを予約できてしまいます。日本語版のサイトやアプリもありますが、ハワイのレストランは予約できないのでアメリカ版のサイトを利用しちゃいましょう。アメリカ版のアプリをインストールするにはアメリカのアップルIDを取得する必要があるので今回は省きます。

使い方

まずはアメリカ版「Open Table」のハワイページにアクセスします。人数と日時を入力して、予約するレストランが決まっている場合は検索窓にレストラン名を入力して検索します。レストランの名前がわからない場合や色々なレストランを比較したい場合は、検索窓の下にある「View all restaurants in Hawaii」をクリックします。

Open Table

今回はサンプルということもあり、予約可能な全てのレストランをみてみます。311件のレストランがヒットしました。検索結果では評価や口コミもチェックできるので予定をたてるにも利用できますね。

それでは選んでみましょう。今回は行ったことないけど、周りの評判が良いイタリアンレストラン「Il Lupino」を予約してみます。

Open Table

もう一度、人数と日時を確認して「Find a Table」をクリックします。

Open Table

クリックすると下画像のページに移り、予約可能な時間が表示されるので希望に近い時間帯を選ぶか、希望の時間がない場合は日にちを変更します。

Open Table

後は空欄に名前や連絡先を入力して予約完了です。電話番号はホテルの部屋の番号を入力する場合は「Phone」を選んで、国は「United States」を選びます。たぶん電話がかかってくることはないと思いますが。レストランによってはクレジットカード番号の入力が必要になるのでお忘れなく。

Open Table

予約のタイミング

空いていれば当日でも可能ですが、人気店は早くから良い時間帯は予約で埋まってしまいます。絶対に行きたいレストランはなるべく早くに予約することをおすすめします。もちろん日本からも予約をすることができるので、出発前にレストランを決めてしまうのも良い手ですね。

まとめ

いかがでしょうか。日本語ではないですが、簡単に予約することができるので便利ですよね。人気店やある程度の価格帯のお店は予約マストなので、是非ご活用ください。現地でインターネット接続は絶対にWIFIをレンタルしたほうがおトクだし便利です。下記事も参考にしてくださいね。

ハワイで使える海外WiFiレンタル徹底比較!

2015.10.29