ハワイ鉄道開業が現実味を帯びてきた

ハワイ鉄道

「ハワイに電車が通るかも」ということは私がまだハワイに住んでいた10年程前から言われていたことで、その当時は遠い未来のことだろうと思っていました。むしろ実現しないだろうと思っている人の方が多かったと思います。

しかし、昨日たまたまテレビをつけると「日立がハワイに鉄道」という見出しのニュースが放送されていました。しかも車両が公表されているではありませんか。現実味を帯びて俄然興味が湧いたので色々調べてみました。

鉄道開業のメリットとデメリット

まず何で鉄道が必要かというと、ハワイは完全に車社会で公共交通機関もザ・バスしかありません。年々交通渋滞が深刻化していると言われています。鉄道事業開業によって周辺道路の渋滞緩和と観光客の利便性向上が期待できます。また、鉄道工事によって雇用の増加に大きく貢献しているのも事実です。

その反面莫大な建設費が必要になるので、住民にとっては本当に鉄道が必要なのかという反対意見が多いのも事実です。難しいことは私にはよくわかりませんが、もし自分がハワイで税金を収めていて、いつ完成するかわからない工事に税金を使われるとなると嫌ですよね。前述しましたが、10年前は誰も実現すると思っていなかったので。

2018年に一部開業予定

ざっくり路線を説明すると、コオリナリゾートがあるイーストカポレイからアラモアナの32キロ21駅をアメリカ初の自動無人運転で運行します。2018年にイーストカポレイからアロハスタジアム間9駅の一部運行が始まり、2021年にホノルル国際空港を含む前線が開通する予定です。

運行スケジュール

毎日午前4時から深夜0時までで、通勤時間のラッシュアワーには5分おき、それ以外の時間は10分おきの運行予定です。運賃はザ・バスと同程度を予定しているそうです。電車内にはサーフボードや自転車、ベビーカーなどの収納スペースがあるので、観光客にも使い勝手が良さそうですね。

全21駅を紹介

アラモアナからイーストカポレイ間の全21駅とアラモアナからの所要時間を紹介します。

所要時間
Ala Moana 0分
Kakaako 2分
Civic Center 3分
Downtown 4分
Chinatown 5分
Iwilei 6分
Kapalama 8分
Kalihi 10分
Middle Street  12分
Lagoon Drive 14分
Honolulu Airport 16分
Pearl Harbor Naval Base 19分
Aloha Stadium 21分
Pearlridge Center 24分
Pearl Highlands 28分
Leeward Community College 29分
Waipahu Transit Center 31分
West Loch 34分
Hoopili 36分
UH West Oahu 40分
East Kapolei 42分

地名ではわかりづらいところもありますが、空港、アラモアナ間だけではなく、観光スポットやショッピングスポットが網羅されています。また、今までザ・バスでは少し行きづらかった場所にも駅ができる予定なので、2021年からはハワイの歩き方も激変する可能性がありますね。

まとめ

いかがだったでしょうか。ハワイ初の本格的な鉄道事業で、住民の生活スタイルだけでなく観光客の滞在スタイルまでもどんどん変化していくんでしょうね。まだまだハワイから目が離せません。