ハワイ挙式をしたセントアンドリュース教会に再訪

セントアンドリュース教会・ハワイ

 私たち夫婦は2011年にハワイのダウンタウンにあるセントアンドリュース教会で挙式をしました。そして今年2015年、約4年ぶりに妻と挙式したときにはまだお腹の中にもいなかった娘と再び教会を訪れました。

式当日はもちろん感動したのは言うまでもないですが、私は少し(かなり)緊張していたことや、段取りを間違えないように気をはっていたこともあり、教会を楽しむ余裕があまりありませんでしたが、今回リラックスした状態で再訪してみると、改めてセントアンドリュース教会のすばらしさを感じることができました。

セントアンドリュース教会の特徴

 カメハメハ4世を偲び約90年以上に渡って建築された総石造りの教会です。中世ヨーロッパのような大建築で、ハワイでも特に人気がある教会です。挙式可能な日が週3日しかないので、かなり早い段階での予約が必要になりますが、訪れるだけでも価値のある場所であることは間違いないです。

壮大なステンドグラス

ステンドグラスセントアンドリュースと言えば、ハワイ最大級の天井まで伸びる高さ15メートルのステンドグラスがエントランスを彩ります。特に西日が差し込む夕方頃は素晴らしくキレイで神秘的です。ステンドグラスはキリストの生涯を描かれたものなのですが、中にはキリストがサーフィンしてるように見えるものや、カメハメハ4世やエマ王妃の姿も描かれているので探してみてくださいね!またステンドグラスはエントランスだけでなく聖堂の両側にもあるので、面白いものが見つかるかもしれないですね。

パイプオルガンの音色が響き渡る大聖堂

大聖堂歴史的建造物だからこその風格があり、とにかく威厳、重厚、神聖な感じがします。挙式のときにはハワイ最大級のパイプオルガンの演奏が大聖堂内に響き渡り、演奏とともに45メートルのバージンロードを新婦が歩き、新郎が迎えます。

ダウンタウンのオアシス

セントアンドリュースの中庭大聖堂の横にある中庭には中聖堂と芝生が生い茂る広場があるので、都会の中のオアシスと呼ばれています。挙式後の写真撮影やダウンタウン観光の休憩に最適な場所ですよ!

 

DATA

ST.ANDREW’S CATHEDRAL
229 Queen Emma Square
挙式可能時間
教会の特別行事日を除く毎週月・火・木曜日、毎月第1土曜日

 

まとめ

 挙式、観光ともにおすすめの場所です。私は教会とかあまり興味がなかったのですが、ココで挙式をしてから、再訪してから価値観が変わりました。今ではココで挙式が出来たことを、あのときセントアンドリュースを選んでくれた妻に感謝しています。そして今回再訪したときに、娘とバージンロードを歩けたことは一生の思い出になるでしょう。娘とバージンロード