シチュエーション別スマートにチップを渡す方法

チップ

 日本になくてハワイにある習慣の一つに『チップ』を支払う習慣があります。『チップ』とは受けたサービスに対する感謝を表す行動として、ハワイやアメリカでは大切なマナーの一つです。ホテルやレストランなど様々な場面で必要になるのでチェックしておきましょう。

ホテルでのチップ

ハワイ滞在中にホテル内でチップを渡すシチュエーションは多いです。そしてチップを渡すことを忘れてしまうことも多いです。

客室清掃

ホテルのグレードや宿泊人数にもよりますが、基本的にベッド1台につき$1です。もしも汚してしまったりした場合は$2〜3置くようにします。

ポーター

ホテルにはチェックインのときに部屋まで荷物をはこんでくれる人がいます。その人のことをポーターと呼びます。荷物1つにつき$1です。ただしツアーの場合は不要です。

レストランやバーでのチップ相場は?

意外とややこしいのがレストランやバーでのチップを渡すタイミングや相場です。いろいろなガイドブックには『レストランでは15%~20%払いましょう』と書かれていますが実際はどうでしょうか?

レストラン

上記の通り基本は15%~20%を会計時、もしくはテーブルの上に置いておきます。しかしチップとはサービスに対する感謝ということなので、サービスが悪いと感じればそんなに支払う必要はないでしょう。通常は10%くらいで、大人数のときやサービスが良いと感じたときは15%~20%くらい支払います。ぴったり計算をする必要もありません。10%+αという感じで良いと思います。

カード利用時のチップ支払い

会計をクレジットカードで支払うことも多いと思います。もちろんカードでの支払いでもチップは必要です。レシートまずは会計をすると画像のようなレシートを持ってきてくれます。Tipの欄にチップの金額を書きTotalの欄にTotal$25.13にTip$3.6を足した$28.73と書くだけです。

しかし、注意してほしいのがチップはTax(税金)には必要ありません。画像のSubtotalと書いてある$24.00に15%のチップを支払っています。

画像くらいの金額ではあまり変わりませんが、高額になるにつれてバカにできない金額になってしまうので注意が必要です。また、一部のレストランではあらかじめ支払額にチップが含まれてることがあるので、二重払いにならないように注意しましょう。

バー

1杯頼むごとに$1をウェイターやウェイトレスに渡します。カウンターではバーテンダーに直接支払います。

タクシーもチップは必要?

タクシーもチップは必要です。目安としては乗車賃の10%~15%くらいです。また、荷物の積み下ろしは荷物1つにつき$1支払います。

他にチップが必要なとき

他にもチップを支払う場合があります。例えば、サーフィンを習うとします。その場合インストラクターに10%~15%のチップが必要になります。スパにいけばスタッフにも同様のチップが必要になります。

まとめ

ハワイ滞在中はチップが必要な場面が多いですが、チップはサービスに対する感謝の気持ちなので、ここで何%支払わなければならないとか、あまり神経質になる必要はまったくありません。

チップをキャッシュで支払う場合、コインを利用せず紙幣で支払うことが最低限のマナーです。