ロングボードパラダイス!ワイキキのサーフポイント「ポップス」

ワイキキサーフポイント「ポップス」

ワイキキはどこも比較的メローで質の良いファンウェーブがブレイクしているので初心者から上級者までサーフィンを楽しむことができます。ワイキキのサーフショップでボードをレンタルして歩いて行けるのも魅力ですよね。

ワイキキでサーフボードをレンタルするならこの3店

2015.07.25
さて、みなさんはワイキキのサーフポイントといえばどこを思い浮かべますか。デューク像正面の「カヌーズ」やカヌーズのダイアモンドヘッド側お隣の「クイーンズ」ではないでしょうか。

両ポイントとも素晴らしい波がブレイクすることが多く私も大好きなのですが、めちゃくちゃ混んでいるんですよね。更に団体のサーフレッスンなども行われているので、慣れていないとなかなか良い波に乗れないだけでなく、突っ込まれたりして危ないんです。

でもご安心を。ワイキキのサーフポイントは「カヌーズ」や「クイーンズ」だけではありません。他にもいくつかのブレイクに分かれていて、空いているポイントもあります。今回紹介する「ポピュラーズ」通称「ポップス」もワイキキなのに空いてるサーフポイントの一つです。

ロングパドルが必要

ポップスの場所

ポップスはシェラトンホテルの真正面のブレイクです。入る場所は人それぞれなのですが、私はロイヤルハワイアンホテル(ピンクのホテル)のビーチから入ります。上画像の矢印のところからですね。そこから約10分パドルする必要があります。

波はカヌーズやクイーンズよりワンサイズ大きいのですが、メローでロングボード向きの波質なのでパドルができてテイクオフができるくらいの初心者の方でも楽しむことができます。

ゆったりロングライド

正直ポイントまでは遠いのですが、1本波に乗ってしまえばそんなことはすぐ忘れてしまうぐらい素晴らしい波がブレイクします。計ったことはないですが、良い波がブレイクしているときには余裕で200メートルくらいのロングライドが可能です。

ちょっとだけ注意点

前述しましたが、ポップスはメローなファンウェーブなのですが、頭以上の波になると結構パワフルにブレイクします。また、オフショア(ホテル側から沖に吹く風)が強いときは沖に流されてしまう可能性があるので、そういうときは初心者の方は控えた方が良いと思います。

まとめ

ロングパドルが必要ですが、波はもちろん入っている人の雰囲気がとても良くて大好きなポイントです。テイクオフができるくらいの方がスキルアップするにも良いポイントだと思います。きっと記録的なロングライドができるので挑戦してみてくださいね。