ハワイの波情報を調べるとき役立つサイト

ハワイの波情報

スポンサーリンク

 ハワイでサーフィンやマリンスポーツを計画するときに役立つのが波情報を配信しているサイトです。特に毎日更新されているサイトは信憑性も高く、波情報だけでなく、天気や風の強さ、日の出や日の入りの時間など色々な情報を得ることができます。

今回は私がハワイ滞在中に実際に利用しているサイトを紹介します。詳しい情報を得ることができるので、ハワイで良い波をゲットしてくださいね!

Surf News Network

ハワイの波情報 ハワイの波情報を知るときにまずチェックしておきたいのがSNNです。英語のサイトですが、画像のように一目でうねりの向き、波の高さ、タイドなどを5日先までチェックすることができます。また、画像にはないですが他にも天気予報や風の向き、強さ、セーリングリポートやダイビングリポートなどを確認することができるので、その日の海の状況を詳しく知ることができます。現地時間の毎朝6時頃に更新されます。

Surf News Network

日本とハワイでは波の高さの表示方法が違う

上の画像はオアフ島の南側(ワイキキ、アラモアナ、ダイアモンドヘッド)の波情報です。基本的にワイキキは表示されている高さよりワンサイズ小さく、ダイアモンドヘッドはワンサイズ大きいことが多いです。

そして注意点としてはフィート表示で、HawとFaceという二通りの波の高さが上の画像で確認できると思います。これは波の高さ自体は一緒なのですが計り方が違います。

Hawとはハワイアンスケールの略で、波の後ろ側から計測した波の高さで、Faceは波の前から計測した波の高さのことです。

ロコは波の高さを実際より小さく言う

波の高さの計測方法の違いを説明しましたが、実際海に行き波が何フィートなんてわかりませんよね。だからサーファーは腰や胸、頭などのカラダの部分で波の高さを表現することが多いんです。

しかしロコが教えてくれる波の高さには注意してください。よくある会話に「今日は腰くらいしかないから、まぁ良い波少ないけど楽しんで来なよ」と言われビーチに出てみると頭くらいの波がガンガン入ってきているということは日常茶飯事です。ロコは波の高さを実際より小さく言いますww

まとめ

 SNNを見れば色々な情報を得ることができますが、ワイキキでも初心者にとっては結構ハードな波もたまにあるので、実際に海に入る前に自分の目でチェックして無理なくサーフィンを楽しんでくださいね!

ハワイでサーフボードレンタルをお考えの方はコチラの記事もチェックしてくださいね!

ワイキキでサーフボードをレンタルするならこの3店

2015.07.25

スポンサーリンク